【 JOHN SMEDLEY ジョンスメドレー ポロシャツ 】

Takuya Miyahara

Takuya Miyahara

こんばんは Giotto 宮原です。

静岡も梅雨入り。暑い夏が近づいていますね。

本日は前回も紹介した、ジョンスメドレーのニットポロシャツをコーディネートと一緒にご紹介。

JOHN SMEDLEY(ジョンスメドレー)ISIS ニット ポロシャツ 30G

暑い夏のカジュアルファッションを格上げしてくれるのがポロシャツ!クールで爽快に過ごせるのはもちろん、襟付きなので「ここはTシャツだと場違い…」という場面でも十分に対応が可能。ジャケットを着ればクールビズのスタイルにもなる優れモノ。で、この便利アイテムに大人な雰囲気を求めるなら、英国ブランドでもある、JOHN SMEDLEY(ジョンスメドレー)は外せません。

既にお持ちの方はご存知だと思いますが、ジョンスメドレーのニットポロが圧倒的な着心地のよさ。

これには2つのこだわりがありますのでご説明を。

まず一つ目が、コットンの王様と評される素材、シーアイランドコットン 使用している事。「原料には最上級の品質を用いるべき」と並々ならない素材へのこだわりを見せる同ブランドのポロシャツでは、主にシーアイランドコットンという貴重な素材を昔から採用しています。

シルクに近い細さと他より長い繊維が特徴のシーアイランドコットンは、「コットンの王様」と評されるほどで世に知られる最高級の天然素材。この素材から生まれるポロシャツの質感は軽くしなやかで、吸湿性も高い仕上がりに。カシミアのような極上の肌触りをした抜群の着心地となっています。また、シルクのような繊維のため、品のいい光沢感があり大人に相応しいポロシャツ。鹿の子などを素材にしたポロシャツにも機能性や魅力はありますが、上質さを求めるならジョンスメドレーのポロシャツがマストです。

二つ目のこだわりポイント。「肌着として着られる」と言われるほど滑らかな着心地は素材によるものだけではまく、ジョンスメドレーのウエアは、熟練の職人による手作業により繊細な30ゲージという編み目にこわだって仕上げられているそう。丁寧なつくりと言われるハイゲージのニットでもだいたい10ゲージぐらいと考えれば、いかにきめ細かく作られているかがわかるはずですね。

網目の細かさは、シルキーな質感を実現するのに一役買い、ジョンスメドレーらしい特徴です。さらに、胴部分と袖を完全調和したつなぎ目にするため、必ず熟練の職人が手作業で担当するというこだわりもあるそうです。フィット感が良過ぎて、ジャストサイズを選ぶと体型がモロの出てしまうのでご注意を!

今回Giottoで展開しているジョンスメドレーのポロシャツは、リピーターも多いクラシックポロの ISIS

1930年代誕生という世界中で愛され続けるアイコンモデルです。ポロシャツのマスターピースと呼んでもいいロングセラーは、クラシックな印象のモダンフィット。開きが小さく大ぶりな襟が英国調を感じさせます。首元を開いて着たり、第1ボタンまで留めてインテリジェンスを醸し出すトラッドな着こなしもおすすめです。近年では、クルーネックのTシャツを下に着るスタイルも多くなってきています。

ジャケットやスーツとの相性は抜群ですが、カジュアルな着こなしにも相性が良いのでお持ちの春アウターとのコーディネートを楽しんでみてください。

ジョンスメニットポロ 着用サイズXS 身長172/体重62 ご参考までに。

こちらからもご覧ください。

それではまた明日、お待ちしてます。

Tags

Takuya Miyahara

Takuya Miyahara / Store manager・Buyer

洋服に限らずお洒落なコト、モノを追求する日々を送るなか、ライフスタイルに合ったスタイリングで休日はアクティブに過ごす。近年は登山にのめり込み3,000m級の雪山にも挑戦中。 Instagram